>  > オマンコを隠してくる風俗嬢は久しぶり

オマンコを隠してくる風俗嬢は久しぶり

オマンコを隠してくる風俗嬢っていつ以来だろうなぁ。ここ最近遊んできた風俗嬢はみんな「さぁ見て、さぁ舐めて」って感じの子ばっかりだったからある意味新鮮だった。その嬢、別に新人ってわけじゃないし、ウブってわけでもないんだけどね。でもよくよく考えてみると初めて会った男の前で恥じらいもなくオマンコを開いている方がオカシイわけで、そう考えるとあの嬢の方がまともってことなんだろうなぁ。俺もいきなりのクリ弄りとかが当然になっていたから、その点はちょっと反省しないといけないのかも。それに手で隠してくるのをどかして攻める楽しみってのもあるからね。その嬢は隠すってだけじゃなくて、喘ぎ声も押し殺そうとするタイプ。だからやっぱり初めての人の前で乱れるのに抵抗感があるんだろうね。だからある意味、風俗向きじゃない子のようでいて、むしろ攻め好きの男には最高レベルの逸材って言えるのかもしれない。まぁそもそも男は恥ずかしいけど感じちゃうっていうのが大好きだからね。

パイパン風俗嬢ってインパクトありますね

最近パイパンの風俗嬢が増えているような気がするんですよね。この前もそうだったんですけど、パイパンってまず見た目的にインパクトがあるじゃないですか。本当なら茂みのある部分に何もないんです。それだけでも結構なインパクトだと思うんですけど、さらには茂みがないからこちらにダイレクトに恥丘が当たるんです。その感覚ってパイパンの風俗嬢でなければ味わう事が出来ないものですから、あれは本当にそそられるんですよね。それに丸見えですから、それもかなり刺激的なんです。本来であれば隠れているのに、毛がないおかげで丸見えになっているんですから。それに本当は生えているものを処理しているって考えて興奮してくる部分はありますよね。こんな綺麗な人なのに、自分の陰毛を気にかけて処理しているのかって思ったら、それにまで興奮させられてくるんですよ(笑)そういったイマジネーションの部分まで刺激してくれるのがパイパンってやつなのかなと。

[ 2016-07-14 ]

カテゴリ: 風俗体験談